【 2014/10/21 】

日本人ゴールキーパーの川島 永嗣選手に、フランソワ・ペルゴ アワードを授与

ジラール・ペルゴは、創業者一族の一人であり、日本初のスイス時計正規代理店を開いたフランソワ・ペルゴの功績を讃えて、「フランソワ・ペルゴ アワード」を設立し、ヨーロッパのプロサッカーリーグで、ゴールキーパーとして活躍する川島永嗣氏にアワードを授与しました。

フランソワ・ペルゴ(1834年~1877年)は、ジラール・ペルゴ創業者一族の一人であり、1860年に日本の地を踏んだ初めてのスイス人時計師です。伝統を継承しながらも未来を切り拓き、常に新しいことに挑戦し続けるという躍動感あふれるフランソワ・ペルゴの生涯は、現代に生きる我々にとっても心強いメッセージとなるでしょう。彼のフロンティア・スピリットを讃えて、ジラール・ペルゴは『フランソワ・ペルゴアワード』を設立しました。

このアワードは、世界で活躍する“現代のフランソワ・ペルゴ”と、その活動を表彰します。
受賞者は、「慣例に留まることなく、世界で活躍しているフロンティア・スピリット旺盛な」人物を対象とし、賞品として、ジラール・ペルゴの時計を贈呈するものです。

ジラール・ペルゴは、記念すべき第一回の受賞者として、川島永嗣氏を選出いたしました。

川島氏は、ベルギーのプロサッカーリーグ スタンダール・リエージュに所属する日本人ゴールキーパーです。
海外でプロとして第一線で活躍する自身の経験に導かれ、彼は『グローバル アスリート プロジェクト』という一般社団法人の発起人の1人としてプロジェクト発足に携わりました。この一般社団法人は、海外に挑戦する日本人アスリート達の語学習得支援や子供達を対象としたスポーツを通じた語学教育プログラムを実施しています。

川島氏の活動は、文化も言葉もちがう国でスイス時計を広めようと奮闘したフランソワ・ペルゴの姿を我々に思い起こさせます。ジラール・ペルゴは、川島氏のフロンティア・スピリットを祝し、同じ情熱によって導かれた人物としてアワードを授与しました。

アワードを記念して、スペシャルモデル「クロノ ホーク フランソワ・ペルゴ アワード」が用意されました。
この特別なモデルは、サッカー日本代表のゴールキーパーとして活躍した川島氏のためにデザインされました。今年ブラジルで開催されたサッカーワールドカップの日本代表チームのメンバー数と同じ23本限定生産で、川島氏の背番号と同じ、No.1のシリアルナンバーが刻印された時計が贈られました。
残りの22本は、ジラール・ペルゴの正規販売店にて、限定販売されます。
川島永嗣氏とグローバル アスリート プロジェクトについて

欧州のプロサッカーリーグのクラブチームに所属する日本人ゴールキーパー。海外で活躍するという自身の夢をかなえるために、独学で7か国語に及ぶ言語を習得し、その経験から、『グローバルアスリート プロジェクト』という一般社団法人の発起人の1人としてプロジェクト発足に携わりました。

このプロジェクトは、世界に挑戦する日本人アスリートの語学面をサポートし、子供達にスポーツを通じて語学を学べる教育環境を提供することで世界に通用する国際人を育成することを目的としています。また、海外でプレー経験があり、外国語でのコミュニケーションスキルを身につけたアスリートの引退後のセカンドキャリアの場を提供するものです。グローバル アスリート プロジェクトは、さまざまな形の語学教育プログラムをスタートしています。

詳しくは、http://globalathlete.jp/をご覧ください。

日本人ゴールキーパーの川島 永嗣選手に、フランソワ・ペルゴ アワードを授与 画像1

日本人ゴールキーパーの川島 永嗣選手に、フランソワ・ペルゴ アワードを授与 画像2

日本人ゴールキーパーの川島 永嗣選手に、フランソワ・ペルゴ アワードを授与 画像3