【 2013/04/02 】

『サイコ』のアルフレッド・ヒッチコックが、ジラール・ペルゴの新たなキャンペーンイメージに

カルフォルニア州 ロスアンゼルス(2013年3月) 昨年、 ジラール・ペルゴは、ロサンゼルスの中心部に新しく設立するアカデミー映画美術館の基金の公式スポンサーとなることを発表しました。アカデミー映画美術館は、アメリカ合衆国初の、歴史的および製作中の映像作品へ捧げる非営利の美術館となります。


この型破りなパートナーシップを記念しPRするために、ジラール・ペルゴはこの春、アカデミーの膨大な写真コレクションの中から歴史的な画像を特集した、新しい広告キャンペーンを全世界で行います。このコラボレーションで、代表的な作品群の舞台裏に注目が集まるでしょう。


広告キャンペーンの初回は、1000枚以上ものアカデミーの膨大な写真アーカイブから、『サイコ』撮影時のカチンコを携えたアルフレッド・ヒッチコックの画像を取り上げます。この画像は、映画のシーンの開始だけでなく、我々の素晴らしいパートナーシップを象徴するものでもあります。


「Mechanics of Dreams(空想のメカニズム)」としたサブタイトルは、ジラール・ペルゴとアカデミー美術館との関係そのものすべてを表しています。異なる方法で、どちらも人々に夢を与え、物語を語り、同時に時を旅するというパワーを持つ芸術に通じています。


「時計と映画、どちらも時の経過を指し示し、どちらも老いるという法則から免れることが可能です」と、ソーウインド グループ(ジラール・ペルゴとジャンリシャールを保有)のCEOである ミケーレ・ソフィスティは語ります。「どちらも、完成した瞬間から正確かつ無限であり続けるのです」


「ジラール・ペルゴのように高く評価されたパートナーと共に活動することに、心を躍らせています」と、アカデミー美術館を担当するマネージングディレクターのビル・クラマーは述べています。「我々はどちらも、芸術的な素晴らしさと技術の進歩に全力をそそいでいます」

『サイコ』のアルフレッド・ヒッチコックが、ジラール・ペルゴの新たなキャンペーンイメージに 画像1